ドッグフードの保存に適した容器の種類と選び方

ドッグフードの保存に適した容器は

ドッグフードの、主にドライタイプは、kg単位の大袋に入っているものが主流です。 しかしその量をその日のうちに食べきるようなことは、よほどの大型犬でもない限りはないと思います。 ドッグフードは一度封を開けて空気に触れさせると、酸化が始まってしまいます。 また、水分を吸うことで腐りやすくなるため、湿気にも弱いです。

ドッグフードは劣化すると栄養価が低下したり、油分が酸化してがんや動脈硬化を引き起こすことがあります。 また、においが変わってわんちゃんの食いつきが悪くなったりもします。 せっかく良いドッグフードを選んでも、保存をおろそかにして劣化させてしまっては意味がありませんよね。

保存方法を工夫するだけで、同じフードでも質を保ったまままわんちゃんに与えることができます。 ドッグフードの保存に適した容器を積極的に取り入れていきましょう。

ドッグフードを保管するときに大切なのは、湿気酸化を防ぐことです。 いいかえれば常に乾燥した状態で、空気に触れさせないのがベストということです。 そのためドッグフードの保存に適した容器は、密閉保存ができるものということになります。 中に乾燥材などを入れておくと、より劣化を防ぐことができます。

穴やすきまのあるものは、中に空気が入り込んでしまうため適しません。 タッパーなども、安価なものは空気が漏れてしまうことがあるため、しっかりと密閉できるものを選びましょう。

ドッグフード用の密閉可能なフードストッカーなどもよいでしょう。 大型のものもあり、一度に密閉させることができるので、大袋でドッグフードを購入したときに便利です。

小分けにして真空保存をしておくと、さらに効果を高めることができます。 大型のドッグフードストッカーの場合、給餌のたびに蓋を開けて空気に触れさせることになってしまいますが、一食分に小分けにすればその心配もなくなります。 さらに真空ポンプなどを使用し、袋内を真空状態に保つことで、常に新鮮なドッグフードを与えることが可能です。 少々手間ですが、試してみてはどうでしょうか。

ウェットフードの場合はその日のうちに使い切るのが基本ですが、保存の際は清潔な密閉容器に入れ、冷蔵庫で保管するようにしましょう。

ドッグフードの保存容器を選ぶ際のポイントは、密閉できているかどうかです。 購入や準備の前にしっかりとチェックして、適切なものを選びましょう。