ドッグフードの種類「栄養補助食」とは?使い方と注意点

ドッグフードの種類「栄養補助食」

「栄養補助食」とは、ドッグフードの中でも特定の栄養の調整やカロリーの補給などを目的としたものを指します。 例えばカルシウムの足りていないワンちゃんのために、普段のフード(総合栄養食)に犬用のカルシウム粉をふりかければ、それが「栄養補助食」に当てはまります。 毛づやを良くする、関節を強化する、カロリーを増やす、病気を予防するなど目的は様々ですが、共通しているのは「足りない栄養を補う」ということです。 サプリメントなどもこの「栄養補助食」に該当します。

商品のパッケージなどには「栄養補完食」、「カロリー補給食」、「動物用栄養補助食(動物用サプリメント)」という記載がされています。

栄養補助食は、特定の栄養素に特化したつくりになっていますので、それだけを与える、または与え過ぎることはNGです。 時には獣医さんの判断を仰いで、上手に活用するようにしましょう。

ドッグフードの目的別種類に関しては、以下の記事を参照なさってください。
 →ドッグフードの種類は目的に合わせて選ぼう