ドッグフードを与えるのに適した場所は?(屋外編)

ドッグフードをあげる場所は?(屋外の場合)

屋外で飼っているわんちゃんですが、ごはんはどこに置いてあげればいいでしょうか。 とはいえ、外で過ごしているわんちゃんの場合あまり選択肢に幅はありません。 ベストな場所は、犬小屋の中です。

犬小屋は室外で過ごすわんちゃんにとって、数少ないパーソナルエリアです。 犬の祖先であるオオカミは、穴ぐらを住みかとする動物です。 そのため犬にも、リラックスできるように穴のような環境を用意してあげることが重要になります。 とくに飼い主さんが近くにいない室外犬にとって、犬小屋は「落ち着ける」場所でなくてはなりません。 一日ずっと隠れる場所がなく丸裸では落ち着きませんので、きちんと小屋に慣れさせることが大切です。

そのためにも、屋外で飼うわんちゃんの場合、食事は犬小屋の中で与えるようにしましょう。 犬小屋の中で食べ物を与えることにより、そこが犬にとってプラスの場所であるというイメージを持たせることができます。 それを定着させれば、わんちゃんも犬小屋で過ごしやすくなりますし、小屋の中で落ち着いてごはんを食べることができます。

また、小屋の中にドッグフードを置くことで、日中フードが日の光に当たることを防いでくれます。 ドッグフードは日光にさらすとすぐに酸化してしまいます。 それを防ぐためにも、餌は日陰の、犬小屋の中で与えるようにしましょう。