ドッグフードの原材料「肉副産物・ミート副産物」の危険性とは?

ドッグフードの原材料表示「肉副産物・ミート副産物」

ドッグフードの原材料表示に、「肉副産物」または「ミート副産物」という表記を見かけることがあると思います。 「副産物」とはいったいどのようなものなのでしょうか。

肉副産物とは

「肉副産物」「ミート副産物」というと、「肉に関係する何かなのだろうか」と思うかもしれませんが、「肉副産物」に肉そのものは含まれていません。 もう少し具体的にいえば、私たちが普段口にする筋肉の部分は含まれない、ということです。

「副産物」という言葉の意味について考えてみると、「肉副産物」がどのようなものかが見えてきます。 「副産物」とは、「ある製品を生産する過程で、必然的に発生するもの」で、基本的に「主産物よりも価値の劣るもの」を指します。 つまりお肉の場合、「精肉を作るときに余ったそれ以外のもの」、「食用処理されたあとの残骸すべて」ということになります。 具体的にはどのようなものが副産物として出てくるのでしょうか。 それは以下の通りになります。

  • くちばし
  • つめ
  • とさか
  • 内臓(菌や糞尿も含む場合がある)
  • 胃袋内の異物
  • 血液

とても食べられるようなものではないことが、一目見ただけでも分かると思います。 しかし「肉副産物」とは、主にこれらを指します。 中には上記のものに伴い、腫瘍部分や投与された薬剤などが残留している可能性があります。 つまり肉副産物には、「4Dミート」に該当する肉が使用されてる可能性が高いということなのです。

4Dミートについての参考記事→4Dミートを含まない安全なドッグフードの選び方

ペットフード公正取引協議会の定める「公正競争規約」では、「肉類」に関して以下のように定義しています。

(定義)
新鮮なまたは適正な方法により保存されてある哺乳動物・家禽類等の生肉、肉体部分、並びに上記動物の体又は体の一部から生じる全ての副生物及びその加工物

(一般社団法人日本ペット栄養学会 編『ペット栄養管理学テキストブック』より引用)

この定義内の、「上記動物の体又は体の一部から生じる全ての副生物及びその加工物」が「肉副産物」に当たります。 「全て」とあるように、くちばしや羽、内臓などの副産物が、「肉類」として使用することを許可されているということです。

肉副産物の危険性

それでは、肉副産物には、どのような危険性があるのでしょうか。

まず、肉副産物に該当するような肉は、「4Dミート」である可能性が高いです。 原材料の質が悪ければ、当然ワンちゃんの体調にも悪影響をもたらします。 中には病気で死んでしまった動物が使用されていたり、それらの腐敗を防ぐために大量の添加物が投入されているものもあります。 このような材料が使用されているドッグフードを極力避けるべきであることは、言うまでもありません。

また、「肉副産物」の定義は「可食部分以外のすべての部分」と範囲が広く、どのような部分や動物が含まれているか、原材料表示を見ただけでは判断することができません。 中には安全なものもあるかもしれませんが、やはりそれも判別することは難しいです。 ですので「肉副産物」が含まれるドッグフードや、それが原材料表示の先頭付近にくるようなドッグフードは選ばないようにしましょう。