4Dミートを含まない安全なドッグフードの選び方

4Dミートの含まれていないドッグフードを選ぶ

安全なドッグフードを選ぶ際に指標のひとつに、「4Dミートの含まれていないものを選ぶ」というものがあります。 あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、この基準を意識することは、ドッグフードの安全性を考えるうえで大切なことです。 では、4D ミートとは一体どのようなものなのでしょうか。

4Dミートとは

「4D」とは、

  • 「Dead」 …死んだ
  • 「Dying」…死にかけの
  • 「Diseased」…病気にかかった
  • 「Disablad」…障害のある

これら4つの単語の頭文字を指します。 つまり「4Dミート」とは、「死亡した、死にかけた、病気の、障害のあった動物の肉」という意味で、これらは当然食べ物として適さない肉です。 人間はもちろん、犬にだって与えて良いものではありません。

「死んだ」「死にかけの」という項目に関しては、「私たちも結果的に死んだ肉を口に入れているではないか」と思う方もいるかもしれませんが、この場合の「死んだ肉」は、人の口にする肉とはまったく別のものです。 日頃私たちが口にする食肉は、屠殺後に適切な処理がなされ、鮮度を保った状態で個人のもとへと渡ります。 けれども「4Dミート」に該当する肉類は、死亡してから相当時間のたったものが多く、また劣化を防ぐために薬剤が使用されていることもあります。 いうまでもなく、これらは犬にも有害なものです。

しかしコスト削減のため、それらの肉が使用される場合もあるというのが、ドッグフード業界の現状です。 このような肉は人の食べ物に使用することができないため、本来ならば廃棄処分になるものですから、業者は格安で原料を手に入れることができます。 廃棄にもお金がかかりますので、引き取ってもらう側としてもありがたい話なのです。 そういったサイクルで危険な肉類を含む安価なペットフードが市場に大量に出回っています。 そのため私たちは、そのような肉類がペットフードに含まれていないかを判断し、安全なものを選ぶ必要があります。

4Dミートの含まれないドッグフードを選ぶためには

では、これらの肉類が含まれないドッグフードを選ぶにはどうすればよいでしょうか。 それはパッケージに表示されている「原材料」の部分にしっかりと目を通すことです。 そして「曖昧な表記のものは避け、具体的な原材料名の表記のあるものを選ぶ」ことが大切です。 特に「肉類」「ミートミール」などの表記には注意が必要です。

表記 備考
安全性の高いもの 牛肉 ラム肉 七面鳥肉 骨抜きチキン生肉 など 肉の種類をはっきりと表記しているもの、人間も食べられるもの
安全でない可能性の高いもの 肉類 肉副産物 〇〇ミール 動物性油脂 〇〇エキス 〇〇パウダー など 「~他」「~など」の表記にも注意

上記の通り、具体的な肉の種類や部位を明記しているものは安全である可能性が高いです。 そのような上質な商品には、「人間も食べられる原材料のみを使用」というものもあります。

逆に気をつけなければならないのが、「肉類」「肉副産物」「ミール」「動物性油脂」「エキス」「パウダー」などの表記です。 一見、「肉に付随するものならそこまで危険ではないのではないか」と思いがちですが、この曖昧な表記の中に、話題にしている「4Dミート」のような悪質な肉が混じっている可能性があります。 また、エキスやパウダーのように、元の状態が分からなくなるまで加工を施したものも、悪いものが混じっていてもわからないため注意が必要です。

肉類
「肉類」と表記されているものは、人間の食用に不適格であった肉が使われていることが多いです。 中には路上や保健所で死亡した犬や猫などの死肉が使われていたという例もあります。 このように曖昧な表記をされているものは危険なため、避けたほうがよいでしょう。
肉副産物
「肉副産物」とは、家畜動物から肉の部分(正肉)を抜いた部分、主に内臓などを指します。 人間も食べることもできる内臓(レバーやホルモンなど)も簡単に言えば副産物の分類になりますが、ドッグフードの場合本来食用に適さないようなものがほとんどです。 また、この「肉副産物」にはトサカやくちばし、果ては糞尿なども含まれます。             
ミール
動物の肉のうち、血液や毛、糞尿やひづめなどを砕いて加工したものを指します。 これらは肉本来の持つ栄養をほぼ搾取しきった後の、残りかすを砕いて混ぜたようなものですので、ドッグフードを選ぶ際はなるべくミールの割合の低いもの、使用されていないものを選びましょう。 また、こういったミールの原料には腸なども含まれていますが、腸の中には大量の糞が残っています。これらを取り除くのにもコストがかかるため、粗悪品の中にはそのままミールとし加工してしまうものもあります。その際に大腸菌をはじめ危険な菌を消毒するために多くの 薬剤が使用されるため、危険です。
動物性油脂
文字通りの意味をそのままとれば、動物由来の脂肪分となります。その加工品にはバターやラードなどがあり、一見すると有害なものに見えないかもしれません。 しかしこの「動物性油脂」もまた、危険なものなのです。 ドッグフードは作成時、水分も油分もないスカスカの状態です。 これでは栄養状態も悪く、犬も食欲をそそられません。 そこで使用されるのが、この「動物性油脂」と表記されるものです。 これらの油脂は、道端で死んだ犬猫や病気の動物たち(つまり4Dに該当するもの)を廃肉処理する過程で抽出されたものをしようしているケースもあります。 さらにこれらは酸化が速いため、同時に大量の酸化防止剤が使われ二重のリスクを伴います。 そのため、この表示のあるドッグフードは避けたほうがよいでしょう。
エキス・パウダー
これらもミールと同じく、元の材料の原型をとどめないため粗悪な原料が混入している可能性があります。

以上の表記に使用される原料には、「4D」の肉が使用されている可能性が高いです。 ドッグフードを選ぶときは、原材料名に目を通し、危険なものを選ばないようにすることが大切です。